あびこ駅前クリニックのスタッフブログ

menu

美容外科を間近で見ているスタッフのブログ

首のしわ・たるみを本気で悩んでる方への治療法・予防法と症例紹介

みなさま こんにちは❀.(*´▽`*)❀.

いつもこのサイトにお越し下さりありがとうございます。

本日は、首のしわとたるみを本気で治したい方へのおはなしです。
首と手のしわは年齢が隠せないとよくいわれますが、
クリームやマッサージでもなんだかなあ
の効果で諦めてる方も多いのではないでしょうか?

首のしわとたるみは顔よりも無防備なため、
できやすいとも言われています。

また、個人差も大きく20代から深い横シワがある方も珍しくありません。
なので、これっというはっきりとした理由はないですが、
できてしまうととるのが非常に難しい部位と言われていますので、
今から予防することも、とっても大切です。

首のしわ・たるみ予防法

1.紫外線をふせぐ
当然みなさまご存知のように、しわ・たるみ の原因の80%は
紫外線による光老化といわれています。
顔には日焼け止めとファンデーションをしっかり塗るけど、
首は襟元を汚すから、ベタベタするからとなにもつけない方も
多いようです。
日焼け止めとスカーフなどでしっかり遮光しましょう。
日焼け止めは首用の透明でサラッとした乳液タイプもあります。

 

2.高すぎる枕はやめる
人生の三分の一は睡眠時間といえます。
その間に無理な姿勢や不可のかかった状態は体への負担を
及ぼします。
高すぎる枕は頭を前に倒した状態のままになるので、
首の横シワを毎晩固定作業するようなことになります。

 

 3.保湿をする
しわと言えば、みなさん、保湿と思いますが、
実は首の皮膚はお顔の皮膚に比べると、保湿力は断然高いそうですよ。
なので、やみくもにベタベタ塗り込むより、レチノールやビタミンC誘導体
のはいっている保湿剤がコラーゲンを増やしてくれていいようです。
また、汗をかいたままにしておくと汗の塩分が肌を乾燥させてしまうので、
これからの季節は注意が必要です。

 

4.マッサージをする
パソコンやスマホなどで長時間下を向いていると、
血流やリンパの流れが悪くなります。
肩から首にかけてやさしくマッサージをするのはいいと思いますが、
過度な刺激は逆効果なのと、出来てしまったしわをマッサージでとるのは
難しい気がします。

 

5.姿勢をよくする
うつむいているときと顎をくっとあげているときとでは
首のしわの寄り方が違いますよね。
姿勢をよくすることで背中にもよけいな脂肪がつきにくく、
若さを保つのに一石二鳥です。

 

首のしわ・たるみ治療法

首のしわ・たるみにはいくつかのパターンがあります。
タイプ別に治療法の一例をご紹介しますね

1.軽度の細かい縦しわには
年齢が上のかたほど増えてくる症状です。
皮膚が加齢により弾力がなくなるからです。
特にお痩せになってる方に多くみられます。
コラーゲンを増やしてくれる
注射での成長因子療法のPRP療法かFGF療法などが良いように思います。
ゆっくり効いてくるのでダウンタイムはほとんど気になりません。
ただ、3回くらいは治療したほうが効果的なようです。
また、照射系の医療機サーマクールやダブロ、タイタン
なども、定期的ケアとしてはいいと思います。

 

2.重度の細かい縦しわには
皮膚自体が緩みきってしまっていると、
注射や照射での治療には限界があります。
ネックリフトといって首の裏側からの切開手術か、リフト糸
ひっぱってあげる手術がいいようです。
切開の手術でも女性は傷痕を髪の毛で隠せるので
術後あまり困りません。

 

3.筋しわには
こちらもお痩せになってる方に症状が出やすいです。
皮膚が加齢とともに痩せて筋肉は逆に太くなってくるからのようです。
張ってる筋肉にボトックス注射をするのが効果的です。
1週間くらいで効果が出てきます。

 

4.横しわには
首が短めな方、ぽっちゃりぎみな方のほうが目立ちやすいようで、
20代から気にされてる方も多いです。
なるべく深くなる前に、横しわにそってヒアルロン酸注射をされるのがいいようです。
手のひらのしわのように長年刻まれた線は消えませんが、
浅くなることの即効性があり喜んでいただける治療です。
横しわが浅くなると、首が長くほっそりみえますよ。
また、肌の質感も若返らせるPRP療法との併用治療もお薦めです!

 

症例紹介

 治療前
b
深い横しわを目立たなくそして、肌のハリをだすために
ヒアルロン酸注射とPRP療法をおこなわせて頂きました。

 

治療直後
a
まだ、針穴と麻酔の白い色が目立ちますが、
2時間くらいで目立たなくなります。

 

 治療2週間後
14日
ヒアルロン酸の効果は充分でてますが、PRP療法の効果は
これからもっと出てくるので、さらに綺麗になるはずです。

 

夏、薄着の季節になると毎年気になるという方は
早めの治療が効果的なので、
専門医の先生にご相談されてみてくださいね。

 

ご参考になりましたか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

では、また*:.。.(*ˆ﹀ˆ*).。.:*

関連記事