プラストクリニック(東京日暮里)のスタッフブログ

menu

美容医療を愛してやまないプラストクリニック(東京)のスタッフブログ

左目だけの皮膚を切開しない眼瞼下垂修正症例 50代 【プラストクリニック東京】

まぶたの開きが悪くなってしまう症状

 

   リボン眼瞼下垂症リボン

 

片方だけの症状の方も多いのですが、

保険適用の手術では、

皮膚を切開する方法しかなく、

その場合の

術後の左右差を懸念して当院にお越し下さる方が多いです。

 

 

皮膚を切開せずに

まぶたの裏側を小切開(ちいさな穴をあける程度)

して手術をおこなう方法を

院長はおこなっているからです。

 

単純に皮膚だけをタッキングする方法では無いので

後戻りはありません。

こちらも▼▼

皮膚を切らない眼瞼下垂修正手術の方法について

 

 

今回の女性も左まぶたの眼瞼下垂症を

治したくお越しになられました。

 

当院の

リボン皮膚を切らない眼瞼下垂修正手術リボン

 左目(向かって右)のみおこなわせて頂きました。

 

 

術前 50代  平常時

眼瞼下垂症のため、無意識に左側だけ眉が上がっています。

 

 

術後3ヶ月

黒目がちゃんと出るようになりました。

眉も上がっていませんねおねがい

 

 

 

 

 

 

術前  頑張って見開いた時

頑張っても、左まぶたの皮膚が被さっています。

 

 

術後3ヶ月

綺麗に開くようになりましたね照れ

 

 

 

 

 

術前   上方視

やはり、左まぶたの被さりが目立ちますね…..

 

 

術後3ヶ月

左まぶた、そして、まつ毛も上を向くようになり、

左右のバランスも整いましたウインク

 

 

皮膚切開する手術を片目だけおこなうと

術後、

見た目の左右差でお困りの方が多くいらっしゃいます。

 

悩まれている方はご相談くださいねドキドキ

 

 

 

【リスク・副作用】

術後腫れ、内出血、違和感、浮腫み、

瞼開きおよび二重幅の左右差、後戻り、二重の消失など

 

【費用】

片目 245,000円(税別)

両目 350,000円(税別)

局所麻酔代、術後内服代、目薬代込み

プラストクリニックHPはこちらハート

    下

プラストクリニック東京

詳しくはお問合せください

 花プラストクリニックびら花 

          0120-01-0780

クリックしてくださると毎日の励みになりますテヘ

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ

にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ

にほんブログ村テヘ

 

関連記事

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ

にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ

PVアクセスランキング にほんブログ村