あびこ駅前クリニックのスタッフブログ

menu

美容外科を間近で見ているスタッフのブログ

BNLS注射の成分の安全性は本当か?ステロイドやヒアルロニダーゼの含有はあるのか?

みなさま こんにちは*:.。.(*ˆ﹀ˆ*).。.:*❤

多くにかたが、治療をお受けになられてると思われる

花脂肪溶解注射BNLS注射びら花

腫れや痛みがなく、しこりや発赤もでなく、
注射した部位の脂肪がゆっくりと減っていき
さらに引き締まり効果の期待もできる
超優れものの 脂肪を減らす注射です。

 

ひとは、新しいものがでると、
効果があるかどうかをまず疑ってみたくなります(笑)
で、効果がでるとつぎはほんとに安全なものなのか疑ってみたくなります(笑)
わたくしもそうです(^-^;
からだや、まして、お顔に注入するものの
安全性はしっかりと確認できないと怖いのは当然ですよね。

jib02

そんなこんなで、
BNLSにステロイドおよびヒアルロニダーゼの含有があるかのお問合せが
あらためて正規輸入代理店様にあったようです。

結果は、
最初のご提示いただいておりましたとおり、
ステロイドもヒアルロニダーゼの含有も無かったそうです。

 

もともと、韓国のメーカー様は全成分を開示されていましたが、

今回あらためて日本の正規代理店様は第三者機関である
「株式会社東レ リサーチセンター」
   に調査を委託されたそうです。

日本の正規代理店さまに、直接ご了解いただき、
下記には、あらためて全成分とその作用を列記いたしましたので
ご覧になってみてくださいね。

t02200266_0800096613388729648[1]

当院では、まずクリニックに導入するかの検討段階で
内容成分の安全性を正規輸入代理店様に確かめることからおこなっていました。

そして、導入当初より、患者様に
「ステロイドやヒアルロニダーゼの含有はありません。」と
お伝えしておりましたし、
このブログでも書かせていただいておりましたので
今回、安心いたしました。

担当医師のご提案による繰り返し注入であれば、
組織への副作用の心配もありません。

今まで通り安心してBNLS注射を、
お顔にもお体にもお受けいただくことができますよ。

 

BNLS 全成分と作用

ヒバマタ(海藻)抽出物 / 脂肪分解作用

チロシン(アミノ酸)/ 脂質代謝促進作用

アデノシン三リン酸 / 血管拡張作用

アデノシンリン酸二ナトリウム / 筋肉活動性促進作用、細胞機能促進作用

セイヨウトチノキ(マロニエ)/ 抗炎症作用、浮腫抑制作用

ペルシアグルミ(クルミ)/ 血管保護作用、血液循環促進作用

メチルプロパンジオール / 有効成分の浸透性向上作用、保湿作用

マンヌロン酸メチルシラノール / 脂肪分解作用、抗炎症作用

水及び塩化ナトリウム

 

今後も患者様の安全にかかわることはもちろん、
多くの情報をいち早くお届けできるように
努めたいと思っております。

さらに詳しくお知りになりたい方はお問合せください❤

 花あびこ駅前クリニックびら花 

0120-14-0780

最後まで読んでくださりありがとうございました。

では、また(*˘︶˘*).。.:*❤❤

関連記事