プラストクリニックのスタッフブログ

menu

美容外科を間近で見ているスタッフのブログ

50代、60代以降の目の下のたるみの最適と思われる治療紹介

みなさま こんにちは*:.。.(*ˆ﹀ˆ*).。.:*

いつもこのサイトにお越しくださりありがとうございます。

男性も女性も多かれ少なかれ、50歳を過ぎると

目の下のシワやたるみが気になってくると思います。

年だからと、諦めてしまう方もこんな治療があるんだと、

知ってもらえたら嬉しいなあ«٩(*´ ꒳ `*)۶»

と思い今日はご紹介致します。

50代、60代以降の目の下の一般的症状

まだ、20代、30代の方もいずれなるんだな~

と思って、知っておいてほしいと思います。

目の下のお困りは、クマ、シワ、たるみ、くぼみ、ふくらみと

いろんな症状とまた表現の違いがありますが、

ほとんどの方が複合の要素を持っていらして、

自分はどこが、一番悪いとこなのかなんて、ご自身ではよく解らない

という方が実は、大変多いんです。

それだけ、複雑で奥が深いんだなあと思います。

骨格の違いはもちろんありますが、

アジア人の50代、60代以降の目の下は、

皮膚のハリがなくなり、弾力もなくなり、水分も減り、

小じわ、皮膚ゆるみによるシワ、筋肉ゆるみによるたるみ、

もともと、眼窩脂肪の多い方はたるみにさらに拍車をかける

ように感じます。

さらに、目の下から頬にかけても下垂してくることで、

ほとんどの方がゴルゴラインという頬の中央のハの字を気にされ

ていらしゃいます。

目のすぐ下だけでなく、頬にかけていろんな要素

お悩みが増えてくるんだなあと思います。

でも、

これは、わたくしが日々お越しくださる患者様の目元をみて、

お悩みをお伺いしていて思うことで、専門医の先生がたの

ご意見とは違うかもしれません。

実際に気になっていらっしゃる方は専門医の先生からの

ご診断をお受けになってみてくださいね。

 

 

50代60代の方が実際、気になる症状紹介

前
前左
こちらは60代の方です

目の下のたるみが気になって治療をお受けになられました。

皮膚のハリの減少により、たるみがでてきているのでしょう。

それをさらに筋肉が緩んだことで、目の下の眼窩脂肪が膨らんで見えて

助長してしまっているんだと思います。

頬も下垂してきたため、ゴルゴ線もでてきているんだと思います。

 

 

皮膚を切らない経結膜側からの治療では、シワが増え

若返りのご希望は叶わないと、石川院長はご説明されていました。

おふたりでよくご相談された結果、

皮膚切開ハムラ法とミッドフェイスリフトをおこなわせて頂く

ことになりました。

目の下の皮膚のたるみの要素を切開することで、

取り除き、

さらに膨らみの原因の眼窩脂肪を下に引き下げ、

さらに頬の下垂している脂肪を引き上げ、

それぞれを一番効果的な場所に移動し糸で固定する

という、あらわざというか神業的な治療です。

もうすこし、ご年齢がお若ければ太腿などからの

脂肪を注入することでさらに美しい立体感に持っていける

そうですが、

今回は、ご年齢的に患者様のご負担を考えて

ご自身のお顔の組織を最大限生かす方法

目の下から頬にかけての中顔面といわれる部位の

治療をおこなった。

と石川院長は話されていました。

皮膚切開ハムラ法+ミッドフェイスリフト治療60代の症例紹介

  治療前
前

前左

治療3か月後
3m後
3m左

切開の傷痕もほとんどわからなくなりました。

改善されたかたちの要素は、ここからほぼ永続的につづきます。

もちろん、加齢性変化はおこりますよ(*˘︶˘*).。.:*♡

 

詳しくはこちら

目の下のたるみ・ゴルゴ線治療 皮膚切開ハムラ法+ミッドフェイスリフト症例紹介

目の下の皮膚切開たるみ取り ハムラ法など

をご覧になってくださいね!

 

ご参考になったかな…

では、また
(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°

関連記事