プラストクリニックのスタッフブログ

menu

美容外科を間近で見ているスタッフのブログ

グロースファクター(成長因子)注射再生療法で頬と口もとのシワ・タルミ改善

みなさま こんにちは❀.(*´▽`*)❀.

いつもこのサイトにお越し下さりありがとうございます。

40代以降になるとほとんどの方が気になっていらっしゃる

    シワとタルミ

治療されたい部位、症状、どうなりたいか、ダウンタイム、ご予算、リスク

を担当される専門医の先生によくよくご相談されてから

治療をじっくりご検討なさってくださいね!

 

なぜかは、またのちほどお伝えすることとして、

今回、治療された方のご紹介です。

治療前

前

 

前横

こちらの50代の女性は

頬と口周りのタルミとおシワが気になられて

石川院長にご相談にお越しくださいました。

*できるだけ自然に善くしたい

*切開の手術は考えていない

*ダウンタイムがとれない

*限られた予算内で出来るだけ長く持たせたい

とのご意向でした。

でも、このようなご意向の方は大変多いのではないでしょうか

 

今回

グロースファクター(成長因子)注射再生療法

をおこなわせて頂くことになりました。

自己血液の一成分のPRPも付加させていただきました。

 

治療3か月後

3M

3myoko

 

わたくし的には、肌艶もでて自然な若返りができてると

感じております。

「まだ、3ヶ月なので今後もうすこし改善が望めるでしょう」

と石川院長。

個人差はもちろんありますが、3年くらいの持続が期待できます。

 

知っておいてほしい頬と口元のシワ・タルミの原因

頬と口元のおシワとタルミの原因は

加齢による皮膚のゆるみ、筋肉のゆるみ、

脂肪組織の減少、張りを保つ肌繊維の劣化、

繰り返す表情による癖シワ、肌水分の減少、

顔面骨密度の減少、歯肉の痩せ、咬筋の衰え

などなのかなあ

とわたくしは思いますが、専門医の方々やエステの先生がたの

ご見解はさまざまかとも思います。

なので、治療の仕方も多種多様であります。

もちろん、原因も複雑にからんで1つの原因ではありません。

 

なので、いくつかの治療を組み合わせることが本当は

効果的なのかと思っています。

 

たとえば、
・フェイスラインのタルミはリフトオペやスレッドリフト糸でひきあげ、

・法令線の溝やマリオネットの溝はヒアルロン酸や成長因子でもちあげ、

・法令線の上の脂肪はBNLS注射で減らす
なんていうふうにです。

 

頬から下のシワとタルミは1つの方法で多くを望むと
かならず不自然になるように、
わたくし個人は感じております。

必ず知っておいてほしい成長因子再生療法のリスク

成長因子の再生療法はクリニックにより、さまざま取り組んで

いらっしゃるようです。

当院にはなぜか

グロースファクターを他院様で注射したあとにふくらみすぎて困ってる

というご相談の方ご多くお越しになります。

特に目の下の治療後に困ってお越しになる方がとても多いです。

ヒアルロン酸やレディエッセのように入れた分だけ

持ち上がるわけではなく、

個人の反応の仕方に結果を委ねる

わけですから、

ふくらみすぎた!

効果がでなかった!

ということがありえるものなのだと感じております。

 

その時の対処法はクリニックによりさまざまです。

だからこそ、きちんと専門医の先生からのご説明を聴かれ、

充分納得されてから治療をお受けになられることを強くお薦めいたします。

参考になさってくださいね!

 

では、また(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

関連記事