プラストクリニックのスタッフブログ

menu

美容外科を間近で見ているスタッフのブログ

ヒアルロン酸も糸も入れないノーダウンタイムの法令線治療の症例紹介

みなさま こんにちは*:.。.(*ˆ﹀ˆ*).。.:*

いつもこのサイトにお越しくださりありがとうございます。

このシワがあるのとないのとでは、

ぐっと見た目年齢が変わるなあ~

と医療現場で多くのかたの治療前後を拝見させていただく立場で
感じるシワが

法令線とマリオネットラインですね。

マリオネットは口角の脇のシワでこちらはさすがに
20代30代でのご相談はほとんどありませんが、
法令線の治療を希望されるかたは
じつは20代でもいらっしゃいます。

法令線はもともとの骨格の要素で目立つ傾向のかたが
いらっしゃいます。
お若いかたでも、このシワのために
お顔がたるんでみえてしまう、ということがあるようです。

治療方法は?

治療方法はいくつもあります。

クリニックによっては、また、症状によっては
フェイスリフトの切開手術
スプリングスレッドなどの糸リフト手術なども
お勧めがあると思います。

もちろん、それぞれ効果が症状に合い、お受けになるかたの
ご希望があればとてもいい治療と思います。

実際に一番多いのは、
シワの溝を持ち上げるようにヒアルロン酸を注入
する方法でしょうか
アレルギーがでないかぎり、安全で即効性があり
入れる量によって加減もできます。
内出血がでなければダウンタイムもない大変有効的な治療と思います。
ただ、
過度な頻度で入れ続けることを何年もすると、かたちが変わってきたり
しこりになったり、かえってたるみの原因になる可能性が
あるようなので、
何年も続けていく場合は担当の先生とよくご相談されて
治療をお受けになられたほうがいいようです。

さらに注入
には脂肪レディエッセ
また、FGFなどの成長因子もあります。

どれにも、メリットとデメリットがあります。

注入をご希望のかたは
注入前によくメリットとデメリットをお聞きになり
ご相談のうえ、ゆっくりお決めになってくださいね。

 

ノーダウンタイムの法令線治療とは

このサイトでもアメブロでもよくお伝えしている
BNLS注射や輪郭注射です。

法令線の上の脂肪層に打って脂肪を減らすことで
法令線を目立たなくします

植物と海藻成分でアレルギーもでなく、粘度のない液体のため
非常に細い、先の丸い針での注入ができるので内出血もでにくいようです。

3日以降からゆっくりゆっくり反応して脂肪が減るので、
急な変化でちかい人に気づかれる心配もありません。

ただ、反応度合いに個人差があるということを
知っておかないといけません。
結果がいまひとつわからなかったかたも実際いらっしゃいます。
また、1回で実感できるかたと、3回目に急に減った気がすると
おっしゃるかたと減っていき方にも、個人差があるようです。

ただ、小顔にしたいかたがほとんどの日本人には
入れることより、減らす治療は好まれるようです。
また、しこりになるような副作用もないのでとても安心です。

もちろん、植物と海草成分なので繰り返しの治療も安心です。

 

法令線上部輪郭注射症例紹介 50代

i9jj8
針穴に麻酔をしてからマイクロカニューレで注入します

 治療前
前
治療後 1set 3回治療 1か月後

あと

治療前
前斜め
治療後 1set3回治療 1か月後
後斜め
こちらのかたは、さらに新しい輪郭注射MLM
法令線とこんどはフェイスラインも治療を続けることになりました。

また、経過をご紹介いたしますね!

そして、
法令線の治療と一緒に、実は中顔面(目の下から頬)の治療 を
おこなうことがとてもきれいで自然な効果が出やすいというお話
またこんどお伝えしたいと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

こちらもご参考にされてくださいね
BNLS注射で法令線を目立たなくした症例紹介!

BNLS注射と輪郭注射は顔のたるみもとれるのか?50代モニター様で検証

 

では(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

 

 

関連記事