プラストクリニックのスタッフブログ

menu

美容外科を間近で見ているスタッフのブログ

BNLS注射で法令線を目立たなくした症例紹介!

みなさま こんにちは(。 ・ v ・ 。)ノ ♪

今回のお話しは、BNLS注射です。

当院には、毎日、患者さまが小顔治療におこしくださっていますが、
お鼻の次に最近ブームなのが、法令線を目立たなくするために、
BNLS注射や輪郭注射をする治療法です。

 

まず、そもそもなぜ法令線はできてくるのでしょう。

 

法令線のできる理由とは?

ひとつは、加齢性変化で、
頬前面の皮膚と皮下脂肪がたるむことによっておこります。

もうひとつは骨格の要素があります。
口元の骨格が頬より張り出してる方はお年をとっても
出にくいです。
逆の方は出やすいです。

 

 

一般的治療方法は?

ひとつは、
法令線のくぼみを注入することで持ち上げ、浅くすることで
目立たなくする方法です。

この注入で一般的なのは、ヒアルロン酸でしょうか。
あとは、レディエッセや成長因子などがあります。

 

もう一つは、
たるんで降りてきてる皮膚をリフトの手術で持ち上げる。
こちらは、手術直後は不自然なひきつれ感がでるのと、
切開や糸の挿入など、手術のカテゴリーにはいるので、
ある程度のたるみのある年齢の方と皮膚の薄い方、
そして、ダウンタイムがとれる方に限られます。

法令線の上に皮膚がかぶさってしまっている方はもう注射
では難しいので引き上げる方法がよろしいかと思います。

 

BNLS注射と輪郭注射での方法は?

法令線の上にのりかかり始めている皮下脂肪を減らすこと
で、法令線を目立たなくします。

へこんでるとこを持ち上げるんではなく
でっぱってるとこを減らす。

逆転の発想です。
BNLS注射も輪郭注射もとくにダウンタイムがないので、
人知れず、治療がお出来になれます。

ゆっくりと、自然に法令線を目立たなくさせたい方、
まだ、皮膚が緩んでなく、頬にどちらかというと
ボリュームがある方に、すごく適してると思います。

 

では、治療風景です。

ccdss
デザインをしています

5643w

法令線の上の脂肪を減らすように注射しています

lo009

どなたも、法令線には左右差があるものです
バランスを整えるように注射します

 

 

症例紹介

こちらのモニター様は、法令線の上の部位に
BNLS注射を1本ずつ、計2本をされました

治療前
H27.2月28日
mae2.28q

8日後
H27.3月8日
3.8w

まだ、1回だけの治療なので、なんとなくではありますが、
法令線の影がうすくなっていらっしゃると思います。

今後も治療されるので、もっと減ってくると思われます。

 

まだ、法令線が目立たなくても、頬がふっくらされてる方は
はやめの治療しておくことで、今後、法令線が深くなるのを、
予防できると言われています。

ご参考になさってください

 

 

では、また●´・∀・`)ノ”βyё-βyё☆

 

 

 

関連記事