プラストクリニックのスタッフブログ

menu

美容外科を間近で見ているスタッフのブログ

目の下の脂肪注入でボコボコになることはあるんでしょうか?

みなさま こんにちは*:.。.(*ˆ﹀ˆ*).。.:*

いつもこのサイトにお越しくださり、ありがとうございます。

 

きょうは目の下の脂肪注入のお伝えをしますね。

プラストクリニックでは、毎日大勢のかたが、
目の下のクマ・たるみ治療のご相談と治療にお越しくださって
います。

そのなかで、
経結膜脱脂法といっしょに目の下に脂肪注入の
手術をおうけになられるかたも大勢いらっしゃいます。

ご相談の内容で、
「脂肪注入するとボコボコになることはないんでしょうか?」

ということをよくお聞きします。

脂肪注入は、ほんの微量ずつを的確な部位と場所に
丁寧に丁寧におこなれないと、
そのようなことになるんではないでしょうか。

とおこたえしております。

いままでに当院での治療後にそのようなことは、一度も
ありませんし、訴えられるかたもいらっしゃいません。

ただ、他院様での治療後にそのようなことをお困りになって
お越しになるかたは、一定数いらっしゃいます。

ボコボコというより、左右の片方だけが
ボコっとなっていらっしゃるかたを拝見することは
以外に多くあります。

そのくらい、目の下への脂肪注入は経験のおありな先生方でも
大変難しい治療方法なんだろうな
と、感じています。

では、脱脂後ヒアルロン酸FGFなどの注入をするのは
どうなんでしょう?

 

たとえば、
こちらのモニターさまのように
目の下の皮膚が薄く白くて、青い血管が透けてみえるようなかたは
どうなんでしょうか?

前

前横

ヒアルロン酸はジェル状の青白いグレーっぽい色をしているため、
前にチンダル現象のお伝えをしましたが、
皮膚の浅い層や多くの量を注入すると、青黒っぽく透けて見えるように
なる可能性があるとおもいます。

FGFは、結果の一部をご本人の反応の度合いに委ねる技法
なので、反応が鈍ければ、脱脂のみで終わらせたような結果になって
しまいますし、反応が強ければ膨らみすぎて変なかたちになり困って
しまうことになりかねません。

実は、後者の膨らみすぎて困ってしまったと、
他院様からご相談にこられるかたがあとをたちません。

だからといって、目の下には脂肪注入が絶対イイと
思うわけではありませんが、
ヒアルロン酸にしてもFGFにしても、
肌質や症状によっては、デメリットが出やすいかた
いらっしゃるので、治療前に担当ドクターにしっかりご確認され
治療法は選ばれたほうがいいです。

では、先ほどの肌の白くきれいな男性は
どのようになられたでしょうか

治療前
前

治療3か月後
後

 

 

治療前
前横

治療3か月後
3M横

こちらのモニターさまは、

経結膜脱脂法と微細分離脂肪注入をお受けになられました。
青紫色のクマの色も気にさせていましたので、
涙袋の際から頬にかけてなだらかなラインをつくるよう
脂肪注入をされたと、
石川院長はおっしゃっていました。

詳しくは
経結膜脱脂法+微細分離脂肪注入症例 40代

をご覧になってみてくださいね。

 

目の下から頬にかけてなだらかのラインをつくりながら、
脂肪注入する技術は大変高度のようですが、
きれいに注入ができれれば、すばらしい治療方法とつくづく感じております。

なにしろ、永続的な効果の治療ですから・・・

 

最後に・・・

気になさってた、笑うとでるふくらみも、でなくなりましたよ!

治療前 笑顔
前笑顔

治療3か月後 笑顔
後笑顔

 

ご参考にされてくださいね!

では、また(*˘︶˘*).。.:*♡

関連記事