プラストクリニックのスタッフブログ

menu

美容外科を間近で見ているスタッフのブログ

バセドウ病後の目の下のクマ・膨らみ治療後 1年間の経過症例紹介 30代

みなさま こんにちは*:.。.(*ˆ﹀ˆ*).。.:*

いつもこのサイトにお越しくださり、ありがとうございます。

 

きょうは目の下のことについて書こうと思います。

サッカー選手や女性歌手の話題で、みなさまも一度は

聞かれたことがあると思うバセドウ病。

甲状腺のご疾患だそうで、

石川院長がバセドウ病と目の下の関係を情報提供されているので

(*こちらを見てみてください。
バセドウ病に伴う目の下の膨らみ・たるみ・クマについて

実は全国からご相談にお越しくださるかたが大勢いらっしゃいます。

 

今回ご紹介させていただくモニターさまは広島県からお越し下さり、

ご遠方にもかかわらず、モニターさまとして情報提供に

気持よくご協力くださいました。

お小さいときに発症されいまは完治されているんですが、

目の下のクマとふくらみは、ずっと治らず気にされていらっしゃいました。

 

こちらが治療前です。

mae

mae横

 

バセドウ病を発症すると、眼球が前にでる、眼窩脂肪も前にでる

ということから目の下は正面からより、
横からのほうが、症状が顕著にみえることがおおいようです。

 

経結膜脱脂法とマイクロCRF注入をお受けになることとなりました。

0ji

lsz

mmnb

vvb

 

そして、治療が終わり1年が経ちました。

きれいな状態がしっかりと維持されていらっしゃいました。

 

 治療前
mae

 治療後 メイクなし
ato

 治療後 メイクあり
めいく

 

カラコンもつけていらっしゃいますが、
かわいらしさがぐっとアップされたと思います。

 

今度は横からみて頂きましょう!すべてメイクなしです。

 治療前
mae横

 

 治療1か月後
1M横

治療3か月後
3M横

そして 治療1年後
1Y横a

1年経っても、もちろん後戻りもすることなく、
また、窪みやシワがでることもなく、
いい状態を維持されていらっしゃいました。

「ほんとうにキレイにして頂きどうもありがとうございました!!」

と、院長に笑顔でおっしゃってくださいました。

 

=ご遠方より、なんどもお越し下さり、
バセドウ病のかたへと、
貴重な情報提供をしてくださいましたこと、
こころより感謝申しあげます=

バセドウ病でなくても、眼球が前にでている骨格の
要素がおありのかたは、是非

ご参考にされてくださいね!

 

では、また(*˘︶˘*).。.:*♡

 

関連記事